縄文カタカムナ文化塾

楢崎皐月氏、宇野多美恵女史から継承した
天野成美のカタカムナ認定講師育成講座

お申し込み

縄文カタカムナ文化塾 塾生募集!!


LINE登録でカタカムナ80首PDFプレゼント中!!


友だち追加

カタカムナ文明の上古代日本語を楢崎皐月博士と宇野多美恵女史によって解読されたことが、あなたの将来の幸運を開く新しい道となります。

カタカムナ文献とは

カタカムナ文献が発見されたのは昭和24年(1949年)に物理学者である楢崎皐月氏が兵庫県六甲山系にある狐塚の近くで、古い神社の宮司の息子であるという平十字と名乗る人に出会い、神社の御神体といわれる巻物を見せてもらいました。巻物を見せられた楢崎氏は、大変興味を抱き、ノートに写しを取らせてもらったと言います。これが、世にいうカタカムナ文献(80首のウタ)です。 初めは楢崎氏もそこに描かれていた図象が、何を意味するのか全くわかりませんでしたが、満州で老子道徳教の方から聞いていた八鏡文字ではないかと考え、苦心惨憺のすえそれを解読すると、驚くべき内容が書かれていました。その図象文字には、1950-70年頃の物理学者さえも知らない秘された宇宙の根源原理が示されていたのです。これが、世にいうカタカムナ文献(80首のウタ)です。楢崎氏が解読したカタカムナ文献の研究は、その後、宇野多美恵女史に引き継がれました。そして宇野女史の手による『相似象学会誌』(1970年10月創刊)の発行等によってカタカムナの存在がさらに一般に知られるようになり、一部の研究者たちから、神代文字よりもさらに古い極めて希少な文献(ウタ)であると、密かに熱い注目を浴びてきました。 その後、2006年10月22日に宇野多美恵女史が他界したこともあって(享年89)、最近は、カタカムナの使い手を名乗って不思議なパワーで人を助けたり、カタカムナのパワーで病気を治す先生が現れたり、本やyoutubeでもカタカムナの文字を見かけることも多くなりました。私自身は、宇野多美恵先生から直々にカタカムナを学ばせていただきました。最初にお目にかかったとき、私の鎖骨の形を見て地面と平行に揃っていたことなどから何かを感じとられたようで、それ以降、幸せにも宇野先生から個人指導の形でカタカムナの勉強をさせていただくことができました。私は、カタカムナ文献のなかに書かれているアラカミチ、アマ(現象)やカム(潜象)から万象に通じる道が開けると信じている者の一人であり、人々がカタカムナのウタの響きを生活に取り入れると、今の時代に起こっている問題のかなりの部分が解決すると思っています。カタカムナの物理理論は、現代の物理理論とは少し違っています。物理学の発展はすばらしいものがありますが、決して万能ではありません。一方、カタカムナのカムの力を体得すると、今の物理理論では奇跡といわれるようなことが色々と起こります。たとえば、瞬時に病気が治ったり、事業が大成功したり、対人関係のもつれを解決できたり・・・・等々。今からおよそ12000年以上前(縄文時代以前)に存在したとされる古代カタカムナ人は、驚くべきことに、物の動く速度を「アマハヤミ」と呼び、超光速瞬間移動は存在すると断言しています。この、「超光速という速度はあるのか否か」という意見が対立している問題は、おそらく近い未来、カタカムナ物理理論に軍配があがるでしょう。近年に於いては、超光速はあるという方向に変更しつつあります。 では、はたしてなぜそんなことが起き得るのでしょうか?そのカラクリを知っていただくために、今回カタカムナ文化塾では2回にわけた初級、中級のカリキュラムをご用意しております。カタカムナに書かれた一連の内容です。

①全カタカムナ文明の哲物理学
②カタカムナウタヒ80首
③生物脳を開く実技合宿

 カタカムナは権力者によって作られたウタではなく、恋のウタでもありません。 カタカムナとは、見えない宇宙の根本原理を示した直感物理です。講義動画をご視聴いただければわかりますが、人を幸せに導くコトワリ(物理)のウタであり、本来人間が持っている(しかし、現代人では眠っている)偉大な可能性やサトリにつながる生物脳を覚醒させるヒビキのウタです。 おかげさまで、このたびカタカムナ研究を通じて、湯川秀樹博士の素領域理論の研究を引き継がれた、理論物理学者の保江邦夫博士とご縁をいただくことができました。保江博士に私どものカタカムナ研究の資料をご覧いただいたところ、博士から「これは素領域理論とみごとに合致します」と太鼓判を押していただけました。ぜひ、保江博士の解説文と併せてお読みください。
ー引用:「完訳」カタカムナ 天野成美

すべてが仕組まれていたカタカムナ

夢のような不思議なご縁で宇野多美恵女史から指導を受けた天野成美先生が保江邦夫先生とのご縁によって紹介され、楢崎皐月のカタカムナを伝える講座を開講していただけることになりました。
-カタカムナ文化塾 副塾長 「サラシャンティ道場」 清水 正博

カタカムナを学ぶと、いつでも、どこでも、誰でも、瞬時に「奇跡」が起こる

幸運を引き寄せるカムのパワーの力!!
カタカムナ80首により「カタカムナとヒトツカタ」の幸せに生きる実践の術、アワの直観が育ちやすい意味を解き明かします。頭で考えすぎる現代人には体を使う術を知ることが大切です。

12000年前、世界最古の日本のカタカムナ文明から幸せになる

12000年前、脳の働きが全開していた時代の人間の感受性をもう一度思い出させる学びの場。万物万象の根源の力でカムココロ(潜象界)、アマココロ(現象界)を知る。その心の現実化に向けて走りはじめれば、幸せな人生が訪れます。

選べるコース、初級講師養成、初,中級講師養成講座,受講のみのコースの3種類

そのポイントをマニュアル化し、全国どこで講習を受けた人も、ご縁により遠隔地において、インターネット等々で講習を受けた人も、同一レベルでカタカムナ物理学を理解するに至り、元来のカタカムナの教えを自分の『ミ』をもって体験し、その力で自分が幸せへの道を歩み、正しく伝承する技術を『ミ』につけることを目標とします。
学ぶことだけで『ミ』につかなければカタカムナは使用価値のないものです。
※各コースの講師になるには、卒業試験及びインターシップで合格する必要があります。
※講師希望ではない方ももちろん受講できます。その場合は試験はなしです。

お申し込みはこちらから

縄文カタカムナ文化塾
塾長 天野成美

1947年大阪商人の家に生まれる。大学在学中、全国百貨店にインテリア及び工芸品卸売販売業を始める。5歳の長男が先天性聴力不全と診断され難病治療師と出会い10回の通院で完治。以降20年間、治療師の奇跡の治療を間近に見るチャンスを得、自分の歯頚が膿んだ時、カタカムナの本を手渡されて瞬間治癒する経験を持った。これがカタカムナとの出会いとなり、宇野多美恵女史を訪ね10数回にわたり個人指導を受け、「カタカムナを時期が来るまで公開しない」との宇野女史の意思を守りつつ、本物の伝承者を見つけることが大切とひらめき、入門編をまず執筆しカタカムナの大衆化に取り組む決意。

縄文カタカムナ文化塾
副塾長 清水 正博

1947年神戸六甲生まれ、甲南大学卒業
1966年にメキシコ・アメリカに一年半滞在し、人生観・世界観・歴史観が変わる。帰国後大学のフォークソング大会で優勝。劇団カラスを作り創作劇を演じる。ブントの松本礼二から国際反戦会議の通訳を依頼されたことから、キューバ文化交流所関西支部事務局長を依頼され万博キューバ館や翻訳、ポスター展の活動を始め、1970年にキューバ砂糖キビ刈り支援で訪問、71年に結婚しキューバ領事館勤務するも半年で退職し、関西に戻りシャンソン歌手のマネージャ、弾き語りの歌手から神戸の貿易会社に勤務、大東流合気道から神道夢想流杖道を始め、37歳からトライアスロンを始める。さらに陶芸を始めて工房を作るも阪神大震災が来て、自宅が半壊。ビルを建設して健康道場サラ・シャンティをオープンそこからカタカムナへと導かれ、2015年1月8日に自叙伝「走りながら祈る」を執筆し現在に至る。平和・環境・健康・歴史の諸問題に新しい価値観で取り組む人たちと志を共有できる空間を創造したい想いで道場経営を行っている。

縄文カタカムナ文化塾
事務局長 天道仁聞(てんぢにんもん)

1979年、千葉県生まれ。天太玉命を祭神とする安房神社の霊域で幼少期を過ごす。24歳にして神奈川で美容室を独立開業するも、道念やみがたく天地の声に導かれるままに2015年に大分に移住。国東半島に秘められた古代の痕跡と磐座の謎を追い求め、さらに出口王仁三郎、岡本天明、大石凝真素美、水谷清などの霊著を渉猟、山口志道『言霊秘書』(八幡書店)との出会いを通じ「水穂伝」「稲荷古伝」の研鑽に邁進し、カタカムナ解読に新機軸を開き注目を集める。現在、YOUTUBEの人気チャンネル「猿田彦TV」を運営、「縄文カタカムナ文化塾」(天野成美主宰)の事務局長を務め斯道の普及に尽力。
著書に『空から見た日本の磐座~人類前史の痕跡、失われた文明の鍵は日本の磐座にあった』(2022、猿田彦TV横山航介名義)

 

※縄文カタカムナ文化塾 オンラインでは、天野成美先生の講義を全て収録し、専用のホームページにて学習していただく流れになっております。

講義動画以外にも、塾生からの質問に回答している質問会も全て収録しております。また、質問会に出た質問以外でのご質問があれば事務局宛にメールをいただければ天野先生に回答をいただきます。

※注意! 

縄文カタカムナ文化塾 オンラインは今後常時入塾でき、講義動画をご視聴いただき各自学習を進めていただく形式になりますので、会場での講義ではありません。

 

※縄文カタカムナ文化塾 では、天野成美先生の講義を全て収録し、専用のホームページにて学習していただく流れになっております。

講義動画以外にも、塾生からの質問に回答している質問会も全て収録しております。また、質問会に出た質問以外でのご質問があれば事務局宛にメールをいただければ天野先生に回答をいただきます。

※注意! 

縄文カタカムナ文化塾 オンラインは今後常時入塾でき、講義動画をご視聴いただき各自学習を進めていただく形式になりますので、会場での講義ではありません。

 

塾生の声

とても楽しかったです。四相のお話がとても興味深く面白かったです。先生のお話は、隅から隅まで面白いのですが。。。
悟りと悟すの違いも、分かりよかったです。ありがとうございました。

天野先生のご講話を聴講するほどに、今の時代に必要な学びがカタカムナであることを実感させられます。文系の私にとって物理学に関する内容は、用語からして分からないことばかりですが、先生は「分からなくても良い。分からないまま伝わった通りに伝えてくれたら良い」と言われました。何が真実で何がそうでないのか分からぬまま、生き方や行動が規制される時代だからこそ、自らの持つ直感を鍛える必要があると思います。具体的な方策も学ぶことができます。カタカムナを語り、響かせて真実を見極め、人のため世のため役立てる人生を歩めたらと願って学び続けています。

天野成美先生
事務局のみなさま

いつも授業や情報の配信をいただきありがとうございます。

初級1,2の動画を拝見し、まず
・直感が来たらすぐ行動する
・体を動かす
・カタカムナのCD・カムナガラのCDを聞きまくる
・天野先生のyoutubeを見れるだけ見る
・動画の音声を録音したものを聞く
・天の無限の「カ」から自分の「ミ」に必ず来る(come)という思いで空を見て歩く

こんなことを、やみくもに続けていました。

これまで私は音楽教経営し、夫は設計事務所経営しており、
コロナの影響で収益が減り、根本的に立て直しが必要な現状で「ピンチ」でした。
今の事務所兼自宅の賃貸住居を手放し、
85歳の実母を施設へ移し、分かれて暮らさなければいけないと考え、
半年間、高齢者施設と我々夫婦2人暮らしの住まいを探していましたが
どちらも丁度良い物件がなく、行き詰っていました。

そんな時に、縄文カタカムナ文化塾に入塾し
上記をやみくもに実践していました。

授業を受けて
私の心は、仲睦まじく皆で暮らすことを望んでいることに気づき
天「カ」に「皆で睦みあい、助け合い生きる家を授けて下さい」と願い
いつも空を見上げて歩いていました。

すると11/30に夫が、
少し建ぺい率をオーバーしているため安く販売している中古の2世帯住宅を見つけ
すぐに購入しようということになりました。

まさかの展開となり、
母は安心し喜び
夫は「奇跡だ!」と驚いていて
私は「これだ!」と実感しましたので、
天野先生に報告したいと思いメール致しました。

天野先生の「カタカムナ」は、
内容を聞くたび「目からうろこ」のごとく驚きの連続で、
自分が56年生きてきた「前提」が目くるめく変わっていくようです。

そして、ここ数日、夫が新しい切り口の仕事をしようと画策し始めており
なぜか、やたらと私にくっついてきます
雌雄の関係~私の電気かなーと思い、それならば
私はアマウツシ‣カムウツシをすればいいんだと思えています。

今日、初級3の動画を見たので、「呼吸」を取り入れ
実践の努力をしたいと思います。。
また報告が出来ることを楽しみに日々を歩んでみます。

今後ともよろしくお願い致します。
ご報告まで。

天野成美先生と皆様に
感謝を込めまして

M・N

天野先生のYouTubeに出会って、感覚的に「これは真実だ!」と強烈に惹かれ、即入塾致しました。
今は2回の講義を終えた所で、自分の頭はまだまだボンヤリとしておりますが、天野先生が「何度も何度も繰り返すうちにだんだんわかってくる」とのお言葉通り、繰り返すうちにほんの少しずつですが、その意味がわかっていけそうな手応えを感じ初めてきました。
こうして天野先生から直接教えて頂き、また質問にも答えてくださる場は本当に貴重だと思います。そして毎回宇宙のコトワリを教えて頂くのがとても楽しくワクワクし、塾生になってよかったと思ってます。Q・Q

よくあるご質問

 

※縄文カタカムナ文化塾 オンラインでは、天野成美先生の講義を全て収録し、専用のホームページにて学習していただく流れになっております。

講義動画以外にも、塾生からの質問に回答している質問会も全て収録しております。また、質問会に出た質問以外でのご質問があれば事務局宛にメールをいただければ天野先生に回答をいただきます。

※注意! 

縄文カタカムナ文化塾 オンラインは今後常時入塾でき、講義動画をご視聴いただき各自学習を進めていただく形式になりますので、会場での講義ではありません。

 

Q 料金の振り込みの、締め切りは、いつまででしょうか?

A お申し込みより1週間とさせていただきます。ご都合の期間の調整は事務局に一報いただければご対応させていただきます。


Q コース選択について質問なのですが、 【入塾費用+受講料】   合計104,000円(税込) でお願いし、初級と中級の認定料は、受講し試験を受ける段階で後からの申し込みと振り込みという形は 可能でしょうか?

A はい可能です。試験を受講するタイミングで申込後に受講料金をお支払いいただく流れになります。


Q セミナーの日時は決まっているのでしょうか? 当日 セミナーのZOOMが受講出来なかった場合は どうなるのでしょうか?

A はい、動画視聴会の日程は決まっています。 形式としましては、講義は収録動画を配信していきますので、いつでもご自分のペースに合わせてご視聴いただけます。配信スケジュールにつきましては、1期生のスケジュールに合わせて配信していきます。 途中入塾の方は、1期生のZOOM視聴会や質問会などにもご参加いただくことができます。


Q いま、カタカムナ学校四期で学んでいます。カタカムナと一口に言っても、吉野先生とは切り口が違うのでしょうか? 天野先生のご講義も聞くことで、より一層理解が深まるのかな??と思い、参加したい気持ちはあるのですが、同時進行は理解が深まるどころか、返って取りこぼしてしまうのだろうかとも気になります。 天野先生の文化塾の募集期限や、テストの期日などはありますか?

A

●吉野先生の学校の内容とはことなります。天野先生のカタカムナの内容は楢崎皐月氏、宇野多美恵氏のカタカムナの保存状態を忠実に再現したカタカムナになります。

●募集期限は随時募集とさせていただきます。

●初級、中級講師認定希望者は、試験があります。テスト日は現在調整中ですので、追ってご報告させていただきます。


Q こちらの授業はZoomで同じ時間に受けなければいけませんか? 是非クラスの進行方法はどんな感じか教えてくださいませ

A

※縄文カタカムナ文化塾 オンラインでは、天野成美先生の講義を全て収録し、専用のホームページにて学習していただく流れになっております。

講義動画以外にも、塾生からの質問に回答している質問会も全て収録しております。また、質問会に出た質問以外でのご質問があれば事務局宛にメールをいただければ天野先生に回答をいただきます。

※注意! 

縄文カタカムナ文化塾 オンラインは今後常時入塾でき、講義動画をご視聴いただき各自学習を進めていただく形式になりますので、会場での講義ではありません。

 

Q サラシャンティでの座学はありますか?

A

●講座ですが、収録動画を視聴していただく形です。会場での講義の参加はございません。 ご自身のタイミングで動画を視聴し学習していくことができます。


Q 日程がわからないので教えてください

※縄文カタカムナ文化塾 オンラインでは、天野成美先生の講義を全て収録し、専用のホームページにて学習していただく流れになっております。

講義動画以外にも、塾生からの質問に回答している質問会も全て収録しております。また、質問会に出た質問以外でのご質問があれば事務局宛にメールをいただければ天野先生に回答をいただきます。

※注意! 

縄文カタカムナ文化塾 オンラインは今後常時入塾でき、講義動画をご視聴いただき各自学習を進めていただく形式になりますので、会場での講義ではありません。

 


Q 講師認定の有無でどのような違いがあるのでしょうか?

A,認定講師になることで、ご自分で講座を開く際に本部からの様々なサポートを受けることができます。集客や講座のレクチャーなども本部からのサポートがあります。
また、認定講師としての活動を掲げることができます。


Q 一度にすべての動画が公開されて、各自のペースで受講する形式でしょうか?

Aはい、現在公開している天野成美先生の講義動画をご自分のペースでご視聴いただき学習を進めてください。


Q  今後、上級コースの設定があるのでしょうか?

A  今後初級、中級卒業者を対象に上級を別途用意しています。上級の実技講座は現在調整中ですが、別途料金となります。決定しましたらご案内させていただきます。

Q 認定テストはおおよそどのくらいの時期ですか?

A 第一回 認定試験日は、2022年 7月15(金曜日) 17日(日曜日)を予定しておりますが。定員になりましたので、第二回、第三回と認定試験を開催して行きますので、ご自身の学習が整い次第にご都合の良い日程を選択して受けることができます。継続的に開催して行きます。